ニュース

1期生をインタビュー! 第3弾🎤✨


よしもとライターズアカデミーウエスト
1期生インタビュー🎤.・

 

2019年10月に開校した
よしもとライターズアカデミーウエスト
1期生のインタビューをさせていただきましたっ!

【善岡さん】

役者を目指しながら脚本の書き方も学んでいらっしゃいます!
不条理劇(※人生の不合理性や無意味さをテーマにした演劇)が大好きな
善岡さんを今回はインタビューしてみましたっ😊❤❤

 

―YWAWに入学したきっかけはなんですか?

善岡さん)将来演劇に関わる仕事に就きたくて、シナリオについて勉強できる学校を探していたところ、ライターズアカデミーウエストのことを知りました。小さい頃からお笑いが好きで、吉本興業が開いている学校ということと、一期生になれることに魅力を感じ入学を決めました。

 

―YWAW授業を受けて、嬉しかったことや悩んだエピソードを教えてください。

善岡さん)授業の中で学んだことを実践していくことが難しいです。出された課題の中で少しずつ自分のものにしていけたらいいなと思います。

基礎科だけでなく特別講師の方々など、色々な場所で活躍されている方の話を聞けるのが嬉しいです。自分の知らない話が聞けたり、新しいことに興味を持てたりして楽しいです。

悩んでいることはドラマと舞台の脚本の書き方の違いを覚えることです。自分が思っていたよりも違いが多く、それぞれの場所に合った伝えなければいけないことを脚本の中にきちんと入れていくことが難しいです。

 

―今後、どんなシナリオライターになりたいですか?

善岡さん)私は役者も目指しているので、色々なかたちで自分にしかできないことを表現したいです。そして面白いと言ってもらえるような作品を沢山作り続けたいです。

主に舞台で活躍できる脚本家になりたいです。自分の好きなコメディや不条理劇から悲劇やシリアスなものなど色々なジャンルにチャレンジしてみたいです。また、折角
吉本さんのスクールに通っているので、いつかは芸人さんと一緒に仕事もしてみたいです。

 

―今から入学される方に一言お願い致します!

善岡さん)生徒の年代がバラバラなので、先生だけでなく周りの人からもたくさん学べます。色々な刺激があって面白いですよ😊!

 

善岡さん、ありがとうございました★