ニュース

1期生をインタビュー! 第2弾🎤✨

よしもとライターズアカデミーウエスト
1期生インタビュー🎤.・

 

2019年10月に開校した
よしもとライターズアカデミーウエスト
1期生のインタビューをさせていただきましたっ!

 

【中田さん】

はじめはNSCに入学しようと考えていたが、出演者側ではなく、裏方に携わり
たいと思いよしもとライターズアカデミーウエストに入学された
中田さん!詳しくあれこれ聞いてみましたっ😊✨

―YWAWへ入学された経緯を教えて下さい

中田さん)子供の時から吉本の芸人さんが大好きでお笑いに関わる仕事をしたいと夢みてました。しかし、大学に通いながら仕事について考えた時にお笑いの仕事は現実味がなく一般企業に就職しました。

就職してからは興味のない仕事をする毎日で、特に楽しさもなく、このままでは面白味のないつまらない上司の話を聞くだけの価値のない人生になってしまうと感じていました。

一度の転職を経験し、特に前と変わらない日々を過ごしていた時になんとなくNSCのことを調べYWAWの募集を見つけました。

お笑いはしたいけど、表舞台に立って自分自身で表現することは苦手で諦めていた自分にとって、吉本主催の脚本家募集はとても魅力的で入学を決意しました。

―作家を目指そうと思ったきっかけはなんですか?

中田さん)会社員として働いている時に、ふと自分の将来を考えてみました。すると出世した先が目の前にいる先輩や上司で、その人たちがしている仕事をすることが未来なんだと思うと嫌気がさしました。そんな仕事を一生はやりたくないと思ってしまいました。

そんな時にお笑い番組や舞台、漫才やコントを作る作家という職業の存在を知り、とにかくやりたい!挑戦してみたい!と思い作家を目指すことを決意しました。

 

―印象に残っている授業を教えて下さい!

中田さん)お~い!久馬講師の授業がすごく好きで、芸人さん特有の空気感、着眼点が人とは違うお話を聞けることが魅力的です。菱田講師や中神講師など、講師の皆様が現役で活躍されている方ばかりなので実際の経験を用いて話してくださるのでリアリティのある授業だと感じています。

 

―将来はどんな仕事をしてみたいですか?

中田さん)せっかく吉本主催の学校なので、芸人さんと一緒に舞台や映像作品を作る構成作家になりたいです。僕自身も今の社会は息苦しく感じているので少しでもそのストレスを忘れられる時間を提供できるような作品を書きたいです。

 

中田さんありがとうございました🌱🌈